Python3

python3 構文

python3の構文の定義方法の紹介です。下記は python 3.8.5 の実行結果になります。

Hello World pythonの実行例

pythonのファイルは 拡張子 .py にすることが一般的です。下記の例ではファイル test01.py を用意しました。

「python3 実行するファイル名」と実行する、pythonがファイルを読み込み結果を出力します。

文・式

pythonは改行するこで、1行を文として処理されます。※他の言語では ; などが必ず必要なケースがありますが、pythonは改行するだけです。

1行に複数の文を定義するのは、 ; で区切ることでそれぞれを文として解釈されます。

複数行を1つの文として定義するのには、\ (バックスラッシュ Windows環境では¥ と表示されるケースがあります ) することで文字が続いていると認識します。

上記3つで文の定義を紹介しましたが、3つとも同じ結果が出力されます。

\ の省略ができるケース

[], () , {} 中のカンマ(,)の後ろは\(バックスラッシュ)を省略することができます。

インデント

他の言語においてもインデントを使ってプログラムのソースを整形することがありますが、pythonはインデントに意味を持ちます。

if分の下2行(No1, No2)のみインデントした状態で実行

他のプログラムは { } などでif分の範囲を指定するケースが多いですが、pythonはインデントで範囲(スコープ)を指定します。上記例では print("No1") , print("No2")がインデントされているので、ifの判定結果スキップして、print("No3")のみ結果が出力されています。

インデントのスペース数

pythonでは先頭が空白(スペース)することでインデントと処理され、同じ空白(スペース)することで同一のインデントと処理されます。
インデントに使われる文字数ですが、pythonのスタイルガイドの一つの PEP:8 ではインデントの文字数を4つを推奨としています。

コメント

プログラムソース内にメモ書きを記載する機能がコメントになります。「#」 からその行末をコメントして処理されます。

-Python3
-